絶景を求めて bicycle trip

Amazing view through suffering

初心者が240km2,500up走るとこうなる

f:id:cadence70:20161010094842j:plain

BIO PRESTIGEはレースではありません。サポートは無く、立哨も居ない魅惑の地を行く冒険です。仲間との絆、そしてロードライディングの苦痛を引き出すようデザインされています。(RAPHA PRESTIGEからパクリ)

BIO PRESTIGE ONYU-PASS

f:id:cadence70:20161010100005j:plain

走行距離230km(御幸橋から)
獲得標高2,500m
ワタシのガーミンは途中で電池切れしたので参考記録です(T_T)

後付けでこんなネーミングにしたくなるような過酷なライドでした。デザインされたワケじゃなく、二度も大きな道間違いをしたのでこうなったんですけど、結果的にコレはコレでメチャ面白かったです\(^o^)/

プロローグ

天気予報は昼から晴れ。朝6時前までは豪雨。元々は5時出発の計画でしたが、出発を遅らせて小雨の中を走り出す。後で晴れるんなら軽装でも大丈夫と思ってた。が、コレが後に極寒エクストリームライドとなることに。

中越~花折峠そして鯖街道

f:id:cadence70:20161010190824j:plain

御幸橋を出て、京都市内を抜けて一路鯖街道を目指す。京都市内では一瞬だけ日差しがあったけど、終始小雨の中途中越、花折峠を越えて行く…。そして、今回のライドのミッションのひとつ、鯖街道で食べる鯖寿司\(^o^)/

f:id:cadence70:20161010190857j:plain雨で冷えた身体に温かいうどんが染み渡る(T_T)中に紅ショウガが仕込まれた焼鯖寿司も絶品でした( ^ω^ )

いざおにゅう峠にアタック!

f:id:cadence70:20161010191731j:plain午後から晴れるという予報に裏切られ…依然として降ったり止んだりを繰り返しながらおにゅう峠にアタックを開始する。

f:id:cadence70:20161010193452j:plainが、道を間違えて隣の三国岳を登頂w無駄に獲得標高を稼ぐ…

f:id:cadence70:20161010192140j:plain一度戻って仕切り直し。再びおにゅう峠へアタックする。よっしーさんは序盤に千切れてしまったのでtsujimoさんとゴール\(^o^)/右側のアスファルトの路面が滋賀県、左のグラベル福井県です( ^ω^ )思ってたより長かった(T_T)

f:id:cadence70:20161010192335j:plain少し遅れてよっしーさんも無事登頂\(^o^)/頂上で各々が写真を撮ってると雨風が強くなってきて嵐の様相に(T_T)吐く息が白くなるほどの極寒地獄だったんですけど、なんとよっしーさんはジャージ1枚…逃げるように頂上を後にして、今回のライドのミッションのひとつであるグラベルダウンヒルに挑戦。

f:id:cadence70:20161010192958j:plain何ヶ所かはパンクしそうな場所もあったけど、思っていたよりアスファルト区間も多く全然走れる感じ。

f:id:cadence70:20161010193144j:plain雨風の中、半袖ジャージ1枚のよっしーさんw寒さと振動で手が痺れます( ^ω^ )

最大のミス?

ダウンヒルを終えて美山に…向かってるつもりだった。

f:id:cadence70:20161010194614j:plain

が、こんな遠かったかなぁと思ってグーグルマップを見た時には、日本海側へ抜けていた(T_T)で、せっかくなので日本海にタッチしに海へ\(^o^)/

ほとんど記憶が無い復路w

記憶だけでなく、写真も無いw国道162号線でひたすら京都目指す。脚が完全に売り切れたよっしーさん、寒さに震えながら居眠り運転するワタシ、tsujimoさんは淡々と走る。堀越峠を登頂し福井県に別れを告げた時には、完全に日が暮れて真っ暗闇に。ココからいくつ峠を越えただろうか。息も絶え絶えに御幸橋へ帰還したのは深夜0時半w18時間に及ぶ冒険の旅でした(^^ゞトリプルスリーならぬ、200km2,000mのダブルダブル達成\(^o^)/走行距離も獲得標高も自己最高ですが…途中でガーミンが力尽きたため、記録としては残りませんが…記憶に残るライドになりましたw

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村