絶景を求めて bicycle trip

Amazing view through suffering

ロードバイク乗りの皆さまへ自転車の危険な乗り方の見本です。という動画を見て思うこと。

おことわり

ワタシRAPHAは大好きですが、この方たちとは無関係で面識もありませんので悪しからず。こういう記事を書くとワタシ自身も叩かれそうな気もするんですが…思ったことを書いてみようと思います。

問題の動画

www.youtube.com

インフルのために自転車乗れず、ネットで自転車関連のコンテンツを色々見ているとこういう動画に遭遇しました。

コメント欄を見ると、以下の行為が危険な乗り方ということで批判されています。
①0:21 併進
②0:44 周りを見ずに道路を横断
③0:52 走行中、片手にカメラを取り出し
④0:59 停止線の無視
⑤1:03 一時停止の無視
⑥1:09 道路を塞いでの会話
⑦1:25 左2人の逆走
⑧1:36 一時停止の無視
⑨2:23 停止線の無視
⑩3:32 危険な左折
⑪3:53 一時停止の無視
⑫6:22 危険な停止位置

⑬車道のど真ん中に居座る
⑭対向車線にまで跨るほどの並列走行
⑮車道の中央線に無許可でカメラを設置
⑯歩道を徐行せずに高速逆走

といったところです。

ワタシは1人で走ることが多く、且つシティライドは好まないので、こういうシチュエーションで、どういう乗り方をするのが車や歩行者と共存できる理想的な乗り方なのかわからないんですけど…

繰り返しますが、ワタシはこの方たちとは無関係で面識もありませんので過剰に庇う気はさらさら無いです。動画を見て、全般的に褒められた乗り方ではないとは思うのですが…交通量や周囲の状況次第では許容範囲なモノも含まれてないですかね(^^ゞアウトかセーフで言えばアウトなモノがほとんどではありますが…

ワタシの感覚

道路交通法を熟知しておらず、わからないことが多々あって知らぬ間に違反してることもあるとは思いますが、ワタシの感覚…というか判断基準は、基本的に原チャリに乗ってる時と同じ感覚で車道を走ってます。(ワタシ自転車で40km/hで走ることはあっても原チャリで30km/h以上で走ることはめったに無いヘタレですw)それに合わせて、例え自分が正しくとも、自分が痛い目に遭わないことを最優先します。そういう気配を察知できるようにクルマや歩行者に対して気を張って自転車に乗ってます。

さいごに

あまり長くなると自分でも何が言いたいのかわからなくなってしまいそうで…(^^ゞこういう形で問題提起されていることに対し、皆で寄ってたかって吊し上げても何の解決にもならないでしょうし、どうしたら良かったのか、どうあるべきかを議論できるような社会になって欲しいモノですね。ワタシ個人的には、ガッチガチに現行道路交通法を遵守するのがベターではあってもベストだとは正直思えません。お互いがお互いの立場に立って譲り合えるような道路事情になって欲しいモノです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村